記事一覧

ホクサイにめげてホドラーへ。

日経の何かで、北斎展のタダ券が当たりました。
最近、蘇我夫はくじ運がいいのです。そのうちtotoでも大当たりするかも。いつも浦○を負けにしてるから、当たると大きい。
 
それはともかく、せっかくだから行こうか。
と、のん気に上野の森美術館へ。
 
すると!
美術館の前はものすごい長蛇の列が!
うちもそうだけど、オジオバばかり延々と列んでいるでなないの~
これは1時間待ちだね、入れても北斎だから大きな絵ではないだろうから、人の頭を見るようなもんだね。
浮世絵に興味がすごくあるわけじゃないしね。
 
と、即座に撤退。
うちはスタジアムの待機列しか列ばないんだよッ!
 
でもこのまま帰るのもつまらないので、国立西洋美術館の「「ホドラー展」へ方向転換。
北斎が亡くなった数年後にスイス・ベルンで生まれた人です。
 
こちらは空いてる。
 
詳しくは
 
 
 
貧しい家庭で両親兄弟すべて早くに亡くしているという不幸な生い立ち、その影響か前半期の作品には「死」や「憂鬱」といったイメージがつきまとう。
20世紀に入って「生」の絵画に目覚め、、舞踏する人の躍動感や、リズム感を表現するようになり、「パラレリズム」(平行主義)という独自の理論を提唱します。
 
 

 
「感情Ⅲ」という作品。
少しずつ違うポーズの女性たちがリズムを作っています。
 

「恍惚とした女」
舞踏という動きの一瞬を絵画にとどめています。
こういう女性が好みだったらしい。
画家のモデルをしていた愛人もこういう痩せた人で、癌によって亡くなった彼女の死姿を描いています。
舞踏家を描いているせいか、ピナ・バウシュのような贅肉どころか脂肪がまったくないような女性の姿が多く描かれています。いわゆる女性美を描くというより、女性像は躍動するリズムを表現する手段だったのかも。
 
 

最晩年の作品。
自然界にも「パラレリズム」を適用したので、わたしにはなんだか納得のいかない、ちょっと中途半端に見える風景画もあるのですが、好きな作品もありました。
湖畔に白鳥がリズムをもって列んでいる姿、これは好きです。
 
最後に、スイスの地図とホドラーの足跡を見て、元「桜8番」は、海に近い街にいるのだな~とお勉強になりました。
 
 
まだ時間があったので、常設展も久しぶりに見て来ました。
いい絵があること、再認識。
08年にここで展覧会のあったハンマースホイというデンマークの画家の絵も所蔵されています。
適当に好きな絵の前に立っていると、美術の先生に引率された男子高校生がゾロゾロと。
絵でも何でも好きでもないものを見せられるってのは拷問でしょう・・・
ルノワールの初期作品、ハーレム風の装いをした豊満な女性像の前で、高校生、
「これ、○゛ブじゃねェの?○゛ブだよな。これキレイなのか?」とヒソヒソ。
○゛ブっちゃ○゛ブだわね。
でも、何がキレイかよくわかんない、きみたち、まだ子どもだってことですな。
 
と、それなりに楽しく見ました。
 
結局、北斎展のタダ券はまだ持ってるのです~
あんなに列ぶのはヤダ。
朝一で行くか?それともタダ券とは古紙回収の日にさよならしちゃうのか?
 
スポンサーサイト



コメント

No title

パラレリズムって、このホドラーで、初めて知ったけど、この風景までは、確かに
違和感あるなあ。
でも、ええやんね。
全体的には嫌いやないよ。

No title

>bald manさん、こんにちは。

わたしも初めて知りましたが、パラレリズムとは、ホドラー独自の理論のようです。
風景画にもなかなかいいのがありますが、雲や岩の並び方がやはり不自然だと感じないでもありません。でも、画家が自然からそういうリズムを感じ取って表現しているのでしょうね。
この白鳥のいる絵は、彼が病床にあって窓から見た景色だそうです。

No title

ふうちゃんさん、こんにちは。

ホドラー展に行かれたのですね!羨ましいです!
何十年か前のホドラー展に行ったことが思い出されます。
彼の人物画は好きです。風景画も他の画家と視点が違っているように見えました。
「パラレリズム」という言葉は初めて聞きましたが、なるほどと思いました。

西洋美術館は私にとって一番、思い入れのある美術館です。
子供の頃、開館した時の「松方コレクション」に叔母に連れて行ってもらいました。その後も西洋美術館が多かったように思います。
あの時代は並ぶのが当たり前で、鶯谷付近までの長蛇の列に並んだ記憶があります。

浮世絵も大好きなので、大昔やはり「北斎展」にも行きました。
こちらは長蛇の列なのですね。最近は美術展にはご無沙汰していますが、時間が
取れれば行ってみたいです。

No title

>julyさん、こんばんは。

ホドラー展、いらしたことおありなんですね。
わたしは初めてでした。「感情Ⅲ」のような代表作は知っていましたが。わたしも人物画が好きですが、風景画にもいいものがありますね。

西洋美術館はいいですよね。
久しぶりに常設館も見て、改めて感心しました。

北斎も好きなのですが、あんな行列を見ては、引いてしまいます。
朝一で行くのがいいでしょうけど…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうちゃんp4

Author:ふうちゃんp4
Yahooブログから引っ越してきました。FC東京SOCIO13年目です。夫はジェフサポなので、時々フクアリにも出没します。下手クソですが、サポ旅行の写真もアップしたいと思っています。

月別アーカイブ