記事一覧

第30節 東京アウェイガンバ戦 これが力の差・・・でも。

10月26日の試合、今頃にエントリー・・・
ご存じのように1-2の敗戦。
万博が分が悪いとか、そういうことはともかく、ほとんど何も出来ずに終わってしまったような試合で、あまり思い出して文字にする気持ちになれず、今日までグズグズしていました。
とはいえ。
何にも出来ず、と言い切ってしまうのは、松田陸選手に申し訳ないのです。
それに、わたしはもう読む気もしないから見ていないのですが、夫が読んで言うには、ガンバの選手も「苦しい試合だった」とコメントしていたそうで。
東京ばかり一方的に苦しんでいたと思っていたわたしは、ちょっとビックリ。
そうか、そうなのか。
青黒も少しは苦しんだのか。
東京は爪痕くらいは残したのか・・・それでも試合は終始ガンバのものだった・・・
 
 

(東京ゴール裏。メインとバックスタンドにもサポがいました。
万博のゴール裏はどうにも見辛いし、場内放送がうるさいので、うちはバックスタンドにいました)
 
 
とても勝てるような要素は見いだせない前半。
しかし、失点もしなかったし、このまま後半も集中して守り、宇佐美選手やパトリック選手などガンバに外し続けてもらえれば、勝ち点1はなんとか持ち帰れるかも・・・
と、思った矢先、前半終了間際のCKから、ジャンプしてキャッチした権ちゃんにパトリック選手がぶつかって、権ちゃん、頭から落下。そのまま動けないという、アクシデントに見舞われました。
HTに入っても動かない権ちゃんを見て、胸がつぶれる思い。
結局担架で運ばれ、スタンドで見ていてもそのまま病院直行だろうとわかりました。
 
その後首の捻挫だという報道があり、重傷ではなかったようで、ほっとしました。
クラブから「都内の病院で精密検査を受けて、自宅で静養しています」という発表があるまで、頸椎損傷などだったらどうなるのか、心配でたまりませんでした。
 
権ちゃんが負傷退場したので、塩田が後半はゴールを守ることに。
GKの交代は、たいがい突然代わりますが、HTをはさんでの交代は、まだ準備ができて不幸中の幸いかも、と思っていました。
ただ、ナビスコでのパフォーマンスを見て、やはり塩田といえどもしばらく試合から遠ざかっていると、こうなのかな?と思ってしまったので、不安もあり・・・
結果は、不安が的中してしまいました。
失点は塩田ばかりが悪いのではないにせよ、特に最初の失点は防いでほしかったと残念。
大森選手にはかなり手を焼いていて、フリーでシュートを打たせてしまったのもいけませんでした。
2失点目は、FKの前に二人交代させるという、ミステルの判断がどうなのか?と思います。
塩田はマークの指示ができなかったかな?
 
そういう不運もあり、後味の悪い試合でした。
 
しかし、総じて試合を見れば、やはり優勝争いをしているチームと、中位から抜け出せないチームとの力の差はありました。
シュート数16対7,宇佐美選手には6本も打たれたし、パトリック選手を自由にさせすぎ、それにしても見事なロングボールがポンポンとパトリック選手に入ってた・・・チェッ。
東京の中盤が薄いことはもう仕方ないけど、ガンバのように中盤に良い選手が揃っていると、とても大変。
 
それに、東京の選手は疲れているのか、ただでさえガンバがポゼッションしているのに、たまさか奪ったボールもミスが多くて繋げませんでした。特に前節良かったコースケなどは、自身のコメントにあるように、ミスというか精度が悪く、チャンスに繋げることができず。
たった一回、最後のアーリークロスが陸の頭にピッタリ。これは思い切って入って来た陸も良かった。
 

(スルスルと侵入してきた陸。ヘッドで)
 

(プロ初ゴール!
よくやった~無得点で負けるよりはずっとマシ)
 
 
 
 

 
よっちには例によって鬼のようなマークがついて、ほとんど何も出来ず。
それでも、前半終了間際の、DFに挟まれながらのボレーは、GK正面に飛んでしまいましたが、彼がもう一歩伸びる途上にあることをうかがわせました。
この気持ちの強さはよっちの魅力、もうちょっとで2,3人のマークがついてもゴールまで持って行けるところにきていると思います。
このもうちょっと、が、結構大変だとも思うけど。
 

(よっちとアチラのヨネちゃん米倉がやりあってます。
ジェフサポの『別れても好きな人』、ヨネちゃん。言っとくけど、わたしはもう好きじゃないよッ!)
 
 
 

(こちらもエドゥーと米倉と今ちゃん・・・倉田秋もいた(--;))
 
 
あと4試合。
さいわいホームが2試合ある。せめてホーム2試合は勝って終わってほしいと思います。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

蒼黒はですね、好調は許すとしても
昨季はJ2に落っこちてたを思えば、少しは苦労するのが、喉元過ぎれば防止になりますよ

それにしても、権ちゃん大した事無くて安心しました
塩田はやはり試合勘イマイチでしょうけど
権ちゃん動けん様子に動揺だと思いますから、責める気にはなりませんよ

No title

>mathichenさん、こんばんは。

ガンバは、昨季J2にいたのが間違いでしょう。
こういうことしたら絶対落ちるよ、ってことをやらかしてしまったけど、本来優勝争いしてしかるべきチームだと思います。
今季、こういうことしたらアカンよ、というのを実行しているのがもう一つの在阪クラブですな。
残留争いチーム中、最も残留力に乏しい状態です(東京が落ちた時もそう)

ガンバ戦、後半は確かにショックが尾を引いていたかもしれませんね。
でも塩田はベテランなのだから、なんとかしてほしかったな~(><)

No title

ふうちゃんさん、今晩は。参戦、お疲れ様でした!
遠いアウエイで負けると、帰りが何とも辛いですよね。ご苦労様でした。

私は勝ち負けなどはどこかに吹っ飛び、権ちゃんのことが心配で眠れませんでした。たいした事が無くて本当に良かったですね。

ガンバも一度はJ2に落ちながら、よくここまで来ましたね。
東京との実力の差がどのくらいあるのかよく判りませんが、一平さんが中盤の差と
リーダーシップの差とか言っていましたよね。

宇佐美に6本もシュートを打たせてしまうのはダメでしょね。宇佐美もこれで6試合ゴールしていないのでブレーキなのか、その点助かりました。
武藤君はマークが厳しいので、中々ゴールまで行かないでしょうね。

塩さんへの批判は多いですが、試合勘の無いのは辛いですよね。これまた一平さん
の言葉ですが、他の選手がフォローしてあげなければならなかったと思います。
1失点目はDFも悪いのではないでしょうか。
遠藤のFKは誰も止められないと思いますが、壁の作り方には疑問が残ります。

次節の名古屋戦には行かれるのでしょうか。

武藤君に決めてもらって、何とし

No title

>julyさん、おはようございます。

こういう厳しい試合での敗戦、辛いものですが、わたしも勝敗より権ちゃんのことが心配でたまりませんでした。
ゴールの脇に倒れていつまでも動かない権ちゃんの姿が、目に焼き付いてしまいました。
大事に至らず、本当に良かったですね。

ガンバはそもそも降格したのが間違いで、J2のサッカーには苦労しましたが、それもいい経験になってたくましくなったのでは?
東京がベストパフォーマンスで臨めば、勝てたかもしれません。
でも東京にミスが多く、あちらは上手い選手揃い、特に薄い中盤を走力でカバーできない時には、苦戦しますね。
言いたくないけどヤットさんの落ち着きはさすが。ボランチの相方とのコンビも上々のようでした(ー ー;)
前の選手がゴールを目指す迫力もあり、後ろの選手からサイドへのロングボールも正確でした。

ただ、一矢報いることはできたし、よっちも強烈なマークにもがきながら、ガンバサポの肝を冷やすショートを打ったし、来季に希望が持てる要素もありました。
マッシモ監督が「こういう強いチームから学べることはある」と言っていたこと、ぜひ来季に

No title

こんにちは!
現地参戦だったのですね。
本当にお疲れ様でした。
悔しい敗戦でしたね…(-_-)

権ちゃんは大事に至らず安心しました(^_^)
松田のゴールも良かったですし、宏介の右足のクロスにも震えてしまいました(≧∇≦)

よっちにはガンバはしっかり対応していましたね。
よっちのプレーが一瞬でも遅れると複数名に囲まれるのを見て、相手チームから見た危険度と、彼が現在置かれているレベルの高さを感じました。

リーグ戦的には優勝の可能性が断たれACLも厳しい状況ですがチームの成熟、個々の選手達の成長を見守っていきたいですね

No title

>ヒロパパさん、こんにちは。

万博では勝てませんね苦手なスタジアムが多くて困りますが、ホームで必ず勝つことが第一ですね。

FK直前の二枚替え、マークがずれたかな、と悔いも残ります。でもその陸がゴール決めたので、交代そのものは正解でしたね。

よっちへのマークは半端でないですね
仰るようにこのレベルを乗り越えたら、すごい選手になりそうで、楽しみでもあります。

No title

首は怖いですからね。オオゴトにならなくて良かった。

No title

>猫族さん、こんばんは。

権田は今日の名古屋戦も欠場でしたが、順調に快復しているようです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうちゃんp4

Author:ふうちゃんp4
Yahooブログから引っ越してきました。FC東京SOCIO13年目です。夫はジェフサポなので、時々フクアリにも出没します。下手クソですが、サポ旅行の写真もアップしたいと思っています。

月別アーカイブ