記事一覧

第31節 東京アウェイマリ戦 贖罪の道。

なぜこんなに愚かで卑怯なことをしてしまったのか。
ヒョンスが兵役免除に当たって、なすべき義務を怠り、虚偽の報告をした、というニュースを聞いたとき、そう思いました。
残念とも思うし、腹立たしくもある。

日本にはない制度のことではありますが、どれほどの非難を浴びているか、多少なりとも想像はできます。おそらく一生背負わなくてはならない十字架となったでしょう。

そう思うと、可哀想でもあります。

しかし蒔いた種は、自分で刈り取らなくてはいけない。

韓国代表永久追放と処分が発表されて間もなくの、アウェイマリ戦。

どうしても、勝ってほしい。
ACL圏内というより、それはかなり難しいミッションになったので、まずはこの試合に勝ってほしい。

キックオフ前、ヒョンスは掌を広げ、何か祈っているようでした。ヒョンスに声をかけようとした丹羽さんは、しばらく見守り、ヒョンスが顔を上げてから、肩を抱いて話しかけていました。







結果は1-0の、東京とマリの試合らしい数字ですが、内容はこれまでと変わっていました。
マリは伝統の塩試合にする気は全くなく、東京はアウェイの試合をしましたが、攻撃ではマリよりもいいシーンがありました。

この日左SBはリョウヤで、セットプレーのキッカーは東でした。
コースケのパフォーマンスがこれまであまり良くない印象でしたから、妥当だと思います。
リョウヤは何回かサイドを突破されましたが、ことなきを得たし、時間とともに良さも出していました。
結局CKからヒョンスのヘッディングシュートが決まり、それが決勝点に。
日産は見辛く、特にマリサイドのゴールは見にくいけど、誰かがゴールを決めた瞬間、ヒョンスに違いない、と思いました。

そして、いよいよこれは、どうしても勝たなきゃ、と。

マリは、タイプの似たジェフの悪い時と同じように、パスは繋げどアタッキングサードをグルグル、崩されたかと思ったのはオフサイド。
まだ映像を見てないからわからないけど、こちらからは、マリのブラジウが無茶なプレーをしたように見え、林としては、本当に痛いのと、この際しばらく痛んでいよ、と両方だったかと。そりゃ当然でしょ、時間が経つにつれ、1点を守り切りたくなるし。
健太監督も言っていたように、リョウヤのヘッデングシュートが入っていたら、完璧な勝利でした。
でもヒョンスの虎の子を守り切ったのも、久しぶりに東京らしい勝利だったと思います。
特に、丹羽さんとヒョンスの守備は良かった。
ヨネちゃんも、ちょっと不器用ながら、彼らしく走りました。









東京サポは、試合前もゴールの後も、試合後も、ヒョンスを何度もコールしました。
挨拶に来たヒョンス、何度も顔を覆っていた。
不覚にも、わたしも泣いてしまった…
本当は、こんなに感傷的な反応はよろしくない。
ヒョンスは、これから長い長い贖罪の道を歩いていかなければならない。
その、ほんの一歩だった。
でも、一歩を踏み出せてよかった。

見守っているから…

やっぱり感傷的になってしまった…
スポンサーサイト



コメント

No title

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00010000-footballc-socc
韓国もドイツと同じく、兵役免除には社会福祉活動要るんですね
ちなみに、ドイツでの例として
BVB活躍前のメッツェが、ジジババ施設でクラリネット吹いてました~

よほどの忠義無双や軍隊ヲタ以外、好き好んで兵役行く者いません
ヲタも当然ですが、免除適わない者の目にもズルとか不愉快と思います

何処の国の誰でも代表追放となったら、クラブだけが居場所となります
クラブでの活躍に元々代表無縁とは全く別の意気込み要るでしょね
成果出す事が名誉回復となりますから

No title

>mathichenさん、こんばんは。

メッツェがクラリネット…
聴きたいようなやめといた方がいいような…

ヒョンスの場合、どうしてすぐバレる嘘ついたのでしょうね。
兵役はたいていの人には辛いものでしょうから、免除されるだけでも不公平感を持つ人もいるでしょう。そこへもって、ズルしたとなれば…

しかし、重圧のかかる中、ヒョンスはよくやったと思います。

No title

ドラマみたい!

No title

>猫族さん、こんにちは。

ドラマチックでした!でも、これからです。

No title

ふうちゃんさん、今晩は。お疲れ様でした。

私も最初はヒョンスの虚偽報告がどうしても許せませんでした。
韓国の多くの若者達は辛い兵役を受けなくてはなりません。
とても複雑な気持でこの試合に臨みました。そして彼は何度もサポに向かって頭を下げていましたね。謝れば済むという問題でもないし、一度は私はヒョンスの人間性さえ疑いました。平気で嘘を付ける人なす。彼も苦しみ、自分の愚かな過ちをどんなにか悔やんだことでしょう。それでも人々のヒョンスを見る目は以前とは違ってきます。巷で彼に貼られたレッテル「嘘つき、犯罪人、兵役を軽く見ている、こんな選手をキャプテンにしている東京もどうかしている。
サポもぬる過ぎる、」などなどネットでは厳しく糾弾されていました。

でもあの重圧の中でよく頑張ったと思います。渾身のヘディングでしたね。私は彼を完全に許したわけではありませんが、試合後のゴール裏での彼の涙を見て私も涙がこみ上げてきました。

私達サポはやはり彼を守り、今後の彼の行いを見て行かなければと思います。

明日の磐田戦には何としてでも勝ちたいですね!

No title

>julyさん、こんにちは。

もう味スタにいらっしゃるでしょうね。

ヒョンス自身も、このマリ戦で折り合いがついたとは思っていないでしょう。
これからが大変だし、これからの彼の態度で世の中の見方も、変わるかもしれません。
いまさら取り返しがつかないので、だだ真摯にサッカーと今後の歩みに取り組むしかないですね。
若い人の過ちですから、見守ってあげたいと思います。東京の選手である限り…

今日は勝たないといけませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうちゃんp4

Author:ふうちゃんp4
Yahooブログから引っ越してきました。FC東京SOCIO13年目です。夫はジェフサポなので、時々フクアリにも出没します。下手クソですが、サポ旅行の写真もアップしたいと思っています。

月別アーカイブ