記事一覧

マリオ・ジャコメッリ


ゴールデンウェークといっても、夫の応援するジェフ千葉は負け続け、
生涯最悪の連休となり、わたしはFC東京がまあまあの成績ながら
連休中の試合は内容があまりよくなくて、微妙な気分・・・
ともかく混んだ場所には行きたくないので、たぶんこの連休で
もっとも人のいない都心にでかけました!
それが、恵比寿の東京都写真美術館。
シュルレアリスムと写真展、それにマリオ・ジャコメッリ展。
紫禁城の写真展もあったけど、本物も見てるし、スキップ。
夫は写真好きなのですが、わたしは絵ほどの興味がないのですが、
マリオ・ジャコメッリはとても良かった。
イタリアの田舎の人らしく、写真もイタリア映画を思わせるものでした。
チケットの写真、この構図はマティスのジャズのようです。
この写真の方は、ジャズより切ない感じを与えます。
ホスピスの老人の写真も、よく年寄りの皺を撮った写真を見ますが、
凡百のそれを凌駕したものがあります。
感傷ではなくまた冷徹でもなく、日常における死といったものでしょうか?
遺作となった写真集も大変面白く観ました。
たぶん連休だからいつもよりは混んでいたのでしょうが、
それでもゆっくり1枚1枚観ることができました。
モディリアニも見たいのですが・・・きっとあっちは大変だったでしょう。
フェルメールの「牛乳を注ぐ女」もボッティチェリの「受胎告知」も
人の頭越しにやっと見ました。
一見の価値は大いにありますが、観るために疲れてしまいました。
写真を堪能した後、ガラガラにすいたガーデンタワーで食事をしました。
連休の穴場ではありましたが、あまり受けないかしら?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうちゃんp4

Author:ふうちゃんp4
Yahooブログから引っ越してきました。FC東京SOCIO13年目です。夫はジェフサポなので、時々フクアリにも出没します。下手クソですが、サポ旅行の写真もアップしたいと思っています。

月別アーカイブ