記事一覧

第25節 ジェフ×甲府

またもやあちこちにご無沙汰をしております。
忙しくて母屋も留守がちなのに、夫から22日のジェフVS甲府@フクアリのレポが来たので、取り急ぎ。
 
東京のポポヴィッチ監督がもし木山監督ならこの試合後のコメントは、間違いなく「90分間サッカーをしていたのは我々の方だった。甲府は私たちをリスペクトしてくれたのでしょう。試合のほとんどを支配していてもこういう結果になることはあります。しかし私たちはこのサッカーを続けていって勝ち点を積んでいかなくてはなりません」と言うでしょう。
 
以下、夫のレポと写真です。
 
25節 ホーム甲府戦 
ダヴィの異能にやられたけど、まだまだこれからです。
 
難敵京都、横浜に連勝して迎えたこれも昇格争いの直接対決、甲府戦でしたが、ダヴィの一発芸にやられ、悔しい敗戦となりました。
 不在の大岩君に代わり右SBには慶君。 ベンチにはロボ、荒田が入り、トーレと大塚はベンチ外。
 JEFは立ち上がりから、いつになく積極的に攻め込みます。 最初からエンジン全開のヨネのシュートがバーに嫌われたり、相手GKのセーブにあったりとゴールが奪えません。
 次第に甲府守備陣も落ち着いてきて、結果的にこの立ち上がりの勢いが、甲府の戦い方を徹底させることになったようです。
 失点の場面、深井君から奪ったボールをダヴィが持ち出し、武田のタックルで引っ掛かったのもものともせず強引に侵入、智も吹っ飛ばしてそのままシュートです。 智があんなふうに抜かれるのは初めて見ました。
 武田のタックルが、ちょうど前節横浜の兵働に対するそれのようにちょっと軽かったのと、当たったボールが動いたのを強引に持ち込んだダヴィのまさしく力技。 こっちの目の前でやられてしまいました。 形は全然違いますが、数年前味スタでフッキに食らったミドルを思い出させる異能ぶり。
 この後の智のダヴィに対する気合の入った守備は凄かっただけに残念でした。
 
 先行した甲府は、完全な専守カウンターに。 JFKがこんなサッカーをするとは夢にも思いませんでした。 今の東京のポポが木山君の立場だったら、なんて言うかなあ。
 これでいいのかJFK。
 とは言え、こちらのサイド攻撃も、特に武田がダヴィにやられた思いが強いのか、相手の両サイドアタッカーが完全に守備優先となったこともあり、上がりきれず可能性の低いアーリークロスばっかりに。 もともと慶君は無理をするタイプでもなく、徐々に攻め手を欠いていきました。
 
 後半に入り、JFKは時間稼ぎ要員にフェルを投入、点を取る気はないくせに、サイドに持ち込んでダヴィに出すぞ出すぞ、とかけてくる脅しは効果てきめん。 ウチのCMF2人も対応せざるを得ません。 中盤でのプレスと高めのブロック作っての強固な守備に対し、プレスを避けて回すか、サイドからのクロスしか手がなくなります。
 この徹底した守備+フェルダヴィに対しては、兵働も殺されてたし、ギャップを突くとか、連動して縦に抜けるのはまあ難しかったと思います。 こうした局面では、藤田の高さ・強さか深井君の強引なドリブル、と思っていたら、ロボと佑昌にあっさり交代してしまいました。 ??????
 荒田も投入して前線に混雑を持ち込みますが、これもJFKの思う壺。
 シュート3本の甲府に負けちゃった。
 それでも、失点後の智の鬼気迫る奮闘だとか、勇人の1バック!での最後の攻撃だとか、ヨネが珍しく見せてくれた気迫だとか、選手は最後まで戦う姿勢を失いませんでした。
 JFKの罠に嵌ったとは言え、どちらが強いか、はともかく、JEFのほうがサッカーをしていたと信じられる内容でした。
 
 それだけに終了後のブーイングには強い違和感を覚えます。
 木山君自身が必要以上にこの試合の位置づけを重くしてしまったせいもあるのかな。
 誰もここから独走するなど期待していないと思いますけど、違うのかなあ。
 負けちゃったら全部否定されてしまうのかなあ。
 私はあの智が、ダヴィに対して見せたむき出しの闘争心だけでも、充分以上にいいものを見せてもらったと思っています。
 とにかく、京都・横浜・甲府との3戦を2勝1敗で切り抜けたのは上出来。 未だシーズンは中盤、まだまだ先に本当に大事なゲームが待っています。
 まずは6位以内、それが出来れば4位以内、2位以内と少しずつ力を積み上げていって欲しいと思います。
 

サポはJ1、甲府です。
 

JEFサポも負けてませんが、、、

荻君のミスを突くもDFにクリアされる藤田

荻君①

ヨネのシュートはバー直撃

荻君②

何回も繰り返された光景
 

荻君③

荻君④

ヨネちゃん頑張ったけど残念

荻君⑤

荻君⑥

ロボ登場。次頼みます。
 
 
何しろJFKが小瀬での敗戦のリベンジをどうするか、わたしも興味深く見ましたが、いろいろ考えてしまう試合でした。
この試合をどう見るかで、その人のサッカー観も推し量れそうに思われます。
ジェフサポについていえば、わたしもこの内容でブーイングをするのは理解できません。
甲府についていえば、この勝ち点の代償をいつか払うことにならなければいいが・・・と少し案じます。とはいえ、なりふり構わず必死で勝ち点3を取ったことを批判するつもりもありません。
もしかすると、理想に殉じたような東京での経験を踏まえたJFKの現実的な戦い方だったのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

No title

いつもは良い意味で「手抜き」をしている智が失点してからは本気だったのは、ビンビン来ました。

甲府は昇格できないと思います。俺が大好きだった永里の劣化ぶりを見て、そう思いました。

No title

ブーイングは今年の首位混戦具合からここで負けては首位争いから一歩遅れるというサポの気持ちですかね。でも内容がよかったのであれば次につながると思います。

No title

>湾岸さん、こんばんは。
智さんはあのシーン以外、ダヴィに何もさせませんでしたね。
怒らせたらコワイ~と思いました。

永里は東京にも責任がありそうなので、コメントしにくいです。
昇格争いはまだまったくわかりません。
緑が抜けてきたのが、ひじょーに気に入りませんが(♯`∧´)

No title

>nano_ringoさん、こんばんは。
やはりホームでは勝って欲しい気持ちと、再三好機を外した苛立ちからブーイングでしょうか。
まだこの時期に内容より結果ばかり望むのは?ですね…

No title

うちの場合、今節はサッカーが嫌いになりそうな内容でした・・・

No title

どんだけ萩君の試合・・・(汗)。
まぁ運が無かったというか、ヨネも久々のスタメンで気合入ってたでしょうけどね。
攻めれてはいますし、今回は得点できませんでしたが、その為の補強もしてるので期待しています。
というか信じています。

No title

>猫族さん、こんにちは。
まだまだ。日曜にはまたサッカーが好きになる試合になりますように!

No title

>ゴマさん、こんにちは。
荻君、大活躍の試合でしたね。東京ではほとんど出番がなかったので、活躍は嬉しいですが、他の試合で頑張って欲しかったです(-_-;)
前半の絶好機の一本が決まっていれば…と思いますが、もうすんだことなので、岡山で決めてもらいましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうちゃんp4

Author:ふうちゃんp4
Yahooブログから引っ越してきました。FC東京SOCIO13年目です。夫はジェフサポなので、時々フクアリにも出没します。下手クソですが、サポ旅行の写真もアップしたいと思っています。

月別アーカイブ